我が家のアイドルぱな子とご主人さまがリゾート地でまどろむブログ
美容や大切なペットの情報をぱな子がリゾート地から楽しいブログでご紹介します。
体型が気になる!!



お肌が気になる!!



トライアル特集!!

あいう



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
27253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

12620位
アクセスランキングを見る>>



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブログペット



ゼッタイ美人!!の法則サイト



プロフィール

koin0bori

Author:koin0bori

☆大切なペットの情報を楽しいブログでご紹介します。☆




arf2-dog.com - 子犬の購入,しつけ,グッズのご紹介



カテゴリー



少し前の5件



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のコメント



フリーエリア

2010/05/22まで 美容 専門学校 ネイルサロン 横浜 銀座 美容室 横浜エステ 出張マッサージ 美顔 ベストハウス 美容外科
2010/05/29まで エクステ 激安 恵比寿 美容院 クリーム エステ 求人 池袋 美容院 美容皮膚科 大阪 タラソテラピー



リンク



ブログ内検索



相互リンク

アクセスアップにオートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら キレイママのブログ



管理人巡回用

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファイザー、犬・猫用細菌性皮膚感染症治療薬を発売
日本最大の動物病院サポート!本間獣医科医院


ペット用品の通販ならクリニッククラブ


ファイザー、犬・猫用細菌性皮膚感染症治療薬を発売

1回の注射で14日間の安心
犬・猫の細菌性皮膚感染症を単回投与で治療する初の薬剤
「コンベニア(R)注」新発売

 ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩崎 博充、資本金648億円)は、犬・猫用細菌性皮膚感染症治療薬(抗生物質)「コンベニア(R)注」を8月21日に新発売いたしました。「コンベニア(R)注」は、セフォベシンナトリウムを主成分とし、広域スペクトルを有するセファロスポリン系注射剤で、犬・猫の細菌性皮膚感染症*注1に対して高い有効性を発揮します。1回の皮下注射後14日間にわたって有効血漿中濃度が維持されるため、確実な「コンプライアンス(投薬遵守)」*注2が得られます。

「コンベニア(R)注」の特長

・単回投与で治療が可能
 1回の注射後14日間効果が持続するニューコンセプトの薬剤です。ペットオーナーの投薬の負担が軽減されます。

・広域スペクトルのセファロスポリン系注射剤
 幅広い細菌類に効能を発揮します。特に犬で一番多いスタフィロコッカス・インターメディウス、そして猫で一番多く見られるパスツレラ・ムルトシダに高い有効性を示します。

・高い安全性
 臨床試験において、他のセファロスポリン系と同等の安全性が認められています。また、水溶液剤のため注射部位への刺激が少なく安全性にも優れています。

注1)犬・猫の細菌性皮膚感染症 
 細菌の感染が原因で起こる皮膚病で、症状は皮膚の表面にただれ、脱毛、腫れ、膿がたまるなど様々で、細菌によっては人体に影響することもあります。また一度罹患すると、症状によっては、長期間の治療を要する場合や完治しない場合もあります。犬・猫は、人間と異なり、体の多くの部分を毛が覆っているため、暑い夏場に細菌が増殖します。皮膚病の発生は、犬では全来院数のうちの16.2%で2番目に多く、猫でも7.2%と4番目に多い疾病であると報告されています。

注2)コンプライアンス(投薬遵守)
 動物医療におけるコンプライアンスとは、獣医師が指示した通りにきちんと動物に薬剤を飲ませることで、決められた量・時間・期間を守って確実に投薬する「投薬遵守」を意味します。
 
 細菌性皮膚感染症は、一度罹患すると長期にわたる治療を要する疾病です。治療薬として使われる抗菌剤は飲み薬が多いため、その確実な投薬には課題が多いのが現状です。コンプライアンス不良が抗菌剤治療の失敗の主な原因と考える獣医師は多く、投薬指示が守られない理由には、投薬が難しい(犬や猫が飲んでくれない)、投薬し忘れ、良くなったと思い勝手に投薬を中止する等が挙げられています。
 また、1日の投薬回数が増えたり、治療期間が長くなるとコンプライアンスが下がるとの報告もあります。このため、長期治療が必要とされる細菌性皮膚感染症においては投与回数が少なくペットオーナーの負担を減らせる薬が望まれています。

 「コンベニア(R)注」は、1回の注射で14日間の効果が持続するため、ペットオーナーは、通常の経口薬で必要とされる1日2回、時間通りの投薬による負担から解放されるため、従来に比べ犬や猫のケアに多くの時間をあてることが可能となります。

 ファイザーでは、コンプライアンス(投薬遵守)という新しいコンセプトに基づいた抗生物質注射剤「コンベニア(R)注」の開発・投入により、犬・猫の主要な疾病の一つである細菌性皮膚感染症治療の領域において、その治癒率向上に貢献することを期待します。また、今後も動物医療におけるコンプライアンス(投薬遵守)の重要性について啓発活動を行い、犬・猫の健康生活をサポートしてまいります。

【製品概要】

・製品名    「コンベニア(R)注」

・発売日    2007年8月21日

・成分・分量  1バイアル中に、セフォベシンナトリウム800mgを含有する

・効能・効果
 [有効菌種]
  スタフィロコッカス・アウレウス、スタフィロコッカス・インターメディウス、スタフィロコッカス・シムランス、プロテウス・ミラビリス、パスツレラ・ムルトシダ
 [適応症]
  犬、猫:細菌性皮膚感染症

・用法・用量
 表示力価に従い1mlあたり80mg(力価)となるように注射用水で溶解して用いる。犬・猫に体重1kgあたりセフォベシンとして8mg(力価)を皮下に1回注射する。

 ※製品画像は添付資料を参照

● 関連リンク
ファイザー(株) ホームページ

● 関連資料
製品画像
参考資料

(ソース:日経プレスリリース



子犬の情報はこちらから
arf2-dog.com
arf2-dog.com - 子犬の購入,しつけ,グッズのご紹介 FC2ブログランキング
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://koin0bori.blog112.fc2.com/tb.php/70-579ef9d1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。